本文へスキップ

気に入った本を書評する読書サイト

トップページ » 社会貢献 » 世界中の人が本を読むには

世界中の人が本を読むにはgive a donation to charity

| 読み書きが出来ない人が7億人


 私はインターネットや図書館の本で貧困について調べると、世界では読み書きができない人が7億人存在することがわかりました。また、世界では7200万にの子供が、アジアにおいては8人に1人が小学校に行くことができません。

| 貧困を克服できない原因


 ノーベル経済学賞受賞者アマルティア・センは著書『貧困の克服』でこう述べました。「貧困を克服するには文字の読み書きが最優先である」と。その例として日本をあげています。

 日本が戦後、急速に復興できたのは学校で文字の読み書きを徹底的に行なった結果であると指摘します。

 私は各国の識字率を調べると、先進国ではほぼ100%であるのに対し貧困の国々では低いところばかりでした。

 文字が読めたとしても勉強するための施設、お金、本がなく貧困が改善しません。

| 貧困改善を支援する団体


 読み書きの教育を行い、勉強するための施設や教材を提供する団体を探しました。すると2つの団体が見つかりました。

ルーム・トゥ・リード

 アジア・アフリカの子どもたちに本を届ける活動や学校・図書館建設、女子教育支援を行うNGO団体。

 NPOではないが、間接費(運営及び資金集めのための経費)を10%以下に抑えている。(一般的なNPO団体は20%程度です。一般的なNPO団体の場合、私達が1000円の寄付をすると800円が慈善事業へ、200円が経費に回されます。)

参考書籍:
マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった [著]ジョン・ウッド
会計報告:
(2010年度)支出・収入=4000万ドル(32億円)程度


シャンティ国際ボランティア会 リサイクル・ブック・エイド

 アジアの子どもたちに本を普及させる活動を行う公益社団法人。絵本・紙芝居を出版しているのが特徴。寄付金控除などの優遇措置を受けることができます。

参考書籍:
図書館は、国境をこえる―国際協力NGO30年の軌跡 [著]シャンティ国際ボランティア会
会計報告:
(2010年度)支出・収入=5億円程度



次ページ:寄付金控除とは