本文へスキップ

気に入った本を書評する読書サイト

トップページ » 書評 »  人生は廻る輪のように

人生は廻る輪のように

[著]エリザベス・キューブラー・ロス [出版]角川文庫

 ロングセラー『死ぬ瞬間』で死の概念を変え、生涯を通じて「生と死」謎を探求した精神科医キューブラー・ロス氏による自伝。死ぬ課程、死後の世界について詳しく解析しています。
 
 私は本書を読んで、死後の世界について考えが変化しました。

 

| 死後の世界を研究:死は苦しみではない

 不慮の事故や心臓発作などで一旦は死んだものの、意識を取り戻した患者から聞いた話を基に、キューブラー・ロス氏は死後の世界を研究します。

 典型的な臨死体験は以下の様な順番で起こります。

1.死の宣告が聞こえる
 心臓の停止を医師が宣告したことが聞こえます。患者自身は身体を離れ、幽霊となり、患者の家族や医師に話しかけますが、誰も自分の存在に気づいてくれません。
 
2.心の安らぎと静けさ
 言いようのない心の安堵感がします。

3.耳障りな音
 ブーンというような音がします。

4.暗いトンネル
 トンネルのような筒状の中を通る。人によっては三途の川やお花畑を渡ります。

5.光の生命
 無条件の愛をくれる光の生命に出会います。光が自分の過去の人生をすべて見せてくれます。

6.境界あるいは限界
 死後の世界との境目を見ます。

7.他者との出会い
 死んだ親族やその他の人物に出会います。

8.蘇生
 他者からこの世に戻るよう促され、生き返ります。

 詳しくはWikipedia「臨死体験」へ。

 死=苦しみ、という概念が私たちにはあります。しかし、臨死体験をした患者からは死後の世界=楽園、の印象を受けたそうです。

 

| キューブラー・ロスの人生

 キューブラー・ロス氏は死に向う患者やエイズ孤児のための施設を開設し、終末医療に専念した人です。本書ではキューブラー・ロス氏の苦労話が描かれています。



 

| 目次

第1章 偶然はない
第T部 二十日鼠の巻
第2章 さなぎ
第3章 瀕死の天使
第4章 愛しのブラッキー
第5章 信仰、希望、愛
第6章 はじめての白衣
第7章 約束
第8章 大義
第9章 祝福の土
第10章 蝶の謎

第U部 熊の巻
第11章 一族再会
第12章 医学校
第13章 医学校で教えないこと
第14章 医師、エリザベス・キューブラー・ロス
第15章 マンハッタン州立病院
第16章 死ぬまで生きる
第17章 はじめての講義
第18章 母性
第19章 死とその過程について
第20章 こころとたましい
第21章 母の最期
第22章 いのちの目的
第23章 名声
第24章 シュウォーツ夫人
第25章 幽霊

第V部 野牛の巻
第26章 ジェフィー
第27章 死後のいのち
第28章 証拠物件
第29章 異界とのチャネリング
第30章 死は存在しない
第31章 わが宇宙意識
第32章 ついの住み処
第33章 エイズ
第34章 癒しの海

第W部 鷲の巻
第35章 奉仕のゆくえ
第36章 カントリー・ドクター
第37章 卒業
第38章 マニーの合図
第39章 よみがえる蝶
第40章 生とその過程について


スポンサードリンク


| 関連記事

書評 死ぬ瞬間―死とその過程について

書評 誰もが知りたい 上手な死に方、死なせ方

書評 かいまみた死後の世界