本文へスキップ

気に入った本を書評する読書サイト

トップページ » 特集 » デタラメ本の見抜き方

デタラメ本の見抜き方spot a lie

|デタラメ本の見抜き方 総論


 最後まで読んでいただきありがとうございます。デタラメ本の中で実際に使われている「ダマし技」を9種類紹介しました。

 実は、良い本でも「ダマし技」は使われています。ただ、デタラメ本は「ダマシ技」を多く多用しているのが特徴です。

 「ダマし技」を使った本を危険度別にランキングにしてみました。

 完全なデタラメ本
 ・大量に個人の感想を掲載する本
 ・確率100パーセントを謳う本
 ・翻訳したフリをする著者が出している本

 デタラメの可能性が高い本
 ・極小または極大表現を使う本
 ・専門外の本を出す著者の本
 ・テレビでよく笑い、本の表紙に著者の顔を出す本
 ・大量に本を出版する著者の本

 デタラメの可能性がある本
 ・命令形を用いている本
 ・ページあたりの文字数が極端に少ない本

 デタラメ本にご注意して本をご購読下さい。

 

| 関連記事

書評 あなたもこうしてダマされる―だましの手口とだまされる心理

 

スポンサードリンク

 

| 関連記事

特集 良い本を見分けるには