本文へスキップ

気に入った本を書評する読書サイト

トップページ » 特集 » デタラメ本の見抜き方

デタラメ本の見抜き方spot a lie

|デタラメ本のダマし技7
〜専門外の本を出す〜


 脳科学研究者なのに最新の経済本を出版したり、経済評論家なのに最新の家電製品の本を出版する例があります。

 なぜ、専門分野以外のことをかけるのか。

 本の内容自体が適当に書いているからです

 例として、武田邦彦氏。環境学者なのに金融に関する本を出しています。


 「例外」として、専門外の分野でもジャーナリストが調べて書いた文章や、基礎的な内容しか書いていない本は「正当な本」の可能性が高いです。
スポンサードリンク


| 関連記事

特集 良い本を見分けるには